So-net無料ブログ作成

福島原発4号機の危機 [原発]

東電の値上げ、再稼働の是非を議論している間にも、4号機は傾き、崩落し続けています。

一部のTVでも取り上げられているように、この事態は値上げや再稼働の議論どころの話でなく、本物の日本の危機ですね。万が一でなく、今すぐにも起こりえる、可能性の高い大災害。建屋が壊れ使用済み燃料が漏れ出た日には、首都圏を含む4000万人が避難しなければならない。日本沈没どころか、全世界に高濃度の放射能を撒き散らす、とんでもない事態になってしまいます。

建屋は今も崩落を続けていて、いつ最悪の事態が来るか分からない状況だというじゃないですか。海外ではその危険が大々的に議論されているにもかかわらず、原発事故直後のように、当の日本ではほとんどのメディアが取り上げず、みんな知らない間に最期を迎えるんでしょうか。ものすごいギャンブルです。

考えてみたら、核格納容器の中はものすごく高い安全設計、厳重な管理など、考えられるありとあらゆる災害を考えて、それでも今回は想定外(?)でメルトダウンを引き起こしてしまったんですが、すぐ外に置く超高濃度の使用済み核燃料が、コンクリートのプールに漬けられているだけなんて、知らなかったとはいえあまりにもお粗末、恐ろしい状況です。

日本はとんでもなく能天気な、本当に馬鹿な国民ですね。再稼働どころか、まだ海外に売ろうとしている。

核燃料リサイクル計画は破たんしていても、予算や雇用のために継続する(姿勢を示している)。

有限のウラン原料とあふれる使用済み核燃料で、今から作る原発は稼働できない。経済的にも全くメリットがない原発を、このバカな国はなぜやめられないんでしょうか。

NHKではこの報道を絶対しませんね。私が見逃しているんでしょうか?震災直後からの報道は、全く嘘だらけ、事実隠蔽の最悪のメディアだと思います。私はもう断じて視聴料を払いません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます